有限会社 木浦工業所 | いーなかえーるは、岡山県北・津山市周辺の求人情報をご紹介します

岡山県北部(けんほく)ではたらく。くらす。いーなかえーる

いーなかえーるとは?

岡山県北部でくらしているスタッフが、
津山市周辺の求人情報をご紹介!!
> > 詳しくはこちらから!!

有限会社 木浦工業所 
企業情報

有限会社 木浦工業所について

岡山県
真庭市

2019年05月31日 更新

美しい仕事、高い技術で地域の未来をつくる職人集団

有限会社 木浦工業所

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

ご挨拶

木浦社長アップ
木浦工業所は昭和54年(1979年)の創業以来、真庭、新見、津山地域を中心に、岡山県内の住宅や公共施設の左官・タイル工事を数多く担ってきました。
弊社の仕事は、いわゆる職人の世界。技術を修得するまで訓練の毎日ですが、身に付けた技術は、一生の財産になります。自分にしか出来ない仕事をすること、私たちが手がける一つひとつの建物が後世に残ることが、私たち左官職人・タイル職人にとっての自信であり、誇りです。
過去から紡がれた技術を継承し、未来に繋がる建物を一緒につくってくれる仲間を募集します。

木浦工業所のしごと

■津山洋学資料館:左官工事において壁の漆喰塗りや珪藻土塗り仕上げ、床の洗出し仕上げといった昔からある左官仕上げを多く施工しました。
■落合総合センター:エントランス回りに床のタイルを施工しました。
■真庭市立北房小学校・こども園:外壁のタイルを施工しました。

その他、新見公立大学、真庭市立落合中学校、真庭市立北房中学校、真庭市立久世中学校、新見市立思誠小学校、津山郷土資料館、久米公民館、新見市健康増進施設、津山汚泥処理場などの公共施設のほか、一般住宅、店舗なども多数手がけています。

0089_1

 

左官工、タイル工について

■左官工
住宅などの木造建築物の外壁などを平滑に塗り仕上げます。また、鉄骨やコンクリートの建物では、床のコンクリートの面を平滑に仕上げたり、壁に1.0~5.0mmほどのセメント材料を塗って、平滑な面をつくったりします。
左官の歴史は古く、1000年以上前から日本の建築を牽引してきました。奈良時代には、建築工事に関わる属(さかん)という役職があり、これが左官の語源になったという説もあります。室町時代・戦国時代には、民家の壁を土で塗って風雨を防いだり、城郭の壁に漆喰を塗って防火性を高めたりするなど、時代の変化に合わせて、技術を進歩させてきました。
このような日本古来の技術を受け継ぎ、いまに伝えるのが私たち左官職人の役目です。

■タイル工
住宅などの外壁にタイルを張り、建物を美しく仕上げます。
タイル工の成果は、その住宅に住む人や建物の前を通る人の目に毎日触れます。そこに建物がある限り、いろんな人が見、多くのひとの記憶に残るものを生み出すのが、タイル工の仕事です。
建物の外壁に隙間なくタイルを張ることで、風雨の侵入を防ぎ、汚れが付きにくい美しい建物をつくることができます。

0116_1

0073_1

木浦工業所のここがすごい!

私たちが担うのは、建物の一部分、ときには床の下地など目に触れないところだったりするのですが、私たちが手がけるすべての建物が、地域の未来をつくる一つひとつのパーツになります。建物が完成した時の達成感は、言葉にできないものがあります。
何年後、何十年後も変わらずここにある建物を、自分たち左官・タイル職人をはじめ多くの仲間と一緒に作り上げていくということは、私たちにとって、とても大きなやりがいです。
0294_1

木浦工業所 代表より

木浦社長アップ(個別)
はじめまして。有限会社 木浦工業所 代表取締役の木浦弘二です。
弊社は昭和54年(1979年)に創業し、真庭、新見、津山地域を中心に、岡山県内の住宅や公共施設の左官・タイル工事を数多く担ってきました。みなさんが通っていた学校や、近くの博物館のなかにも、木浦工業所が関わったものがあるかもしれません。
鉄骨造の建物では、主に床の下地を、コンクリート造の建物では、壁や床の下地をつくります。これらは“見えない仕事”ですが、縁の下の力持ち、建物の出来栄えを大きく左右する大事な仕事です。
木造の建物では、漆喰壁や土壁、珪藻土壁など、建物を彩る“見せる仕事”もあります。
漆喰壁や土壁は日本では1000年以上前から用いられており、特に漆喰は、平安時代には高級建材として重宝された歴史があります。漆喰壁、土壁、珪藻土壁は、日本人に馴染むやさしい質感で、見た目もとても綺麗です。
弊社の仕事は、いわゆる職人の世界。技術を修得するまで訓練の毎日ですが、身に付けた技術は、一生の財産になります。そして、技術は簡単に真似できるものではありません。自分にしか出来ない仕事をすること、日本古来の技術を受け継ぐこと、私たちが関わる一つひとつの建物がすべて後世に残るものであることが、私たち左官職人・タイル職人にとっての自信であり、誇りです。
しかし、近年は、長く弊社を支えてくれたベテラン職人が高齢化し、年々現役を退いてきています。熟練の職人から技術を伝承していく、いまが最後のときです。
私たちと一緒に、過去から紡がれた技術を継承し、未来をつくる仕事をしましょう。

有限会社 木浦工業所
代表取締役 木浦弘二

代表から、先輩職人の紹介

先輩社員アップ
寺坂 知之(タイル職人)

タイル職人歴25年。
まさに働き盛りで、木浦工業所を盛り上げてくれている、頼もしいタイル職人です。
仕事に対する感性は抜群。常に住宅に住まれる方、施設を利用される方のことを想い、妥協することなく、誠心誠意、心を込めて勤めています。仕事とプライベートのオンオフもうまく、良き先輩として付き合ってくれると思います。
先輩から新しい仲間へ:身につけた技術は一生ものです。年齢は関係ありません。切磋琢磨しましょう。

森下 稔(左官職人)

左官職人歴50年以上の大ベテランです。
温厚な人柄で、職人仲間からはもちろんのこと、現場関係者すべての方々から信頼されている素晴らしい先輩です。
会社での新年会、忘年会での話題は、もっぱらかわいいお孫さんのことですが…(笑)

山﨑 竜弥(目指せ、マルチプレイヤー!)

職人歴4年目になる、まだまだ初々しい職人です。
左官・タイル共、オールマイティーな職人を目指し、先輩職人に付いて日々頑張っています。
夏の暑さや冬の寒さにも耐え、目には見えないかも知れませんが、着実に進歩している事は間違いなしです。“継続は力なり”は、彼のためにある言葉かも知れません。
今や希少価値となっている職人、素晴らしい仕事だと思います。

会社概要

会社名

有限会社 木浦工業所

本社所在地

岡山県真庭市落合垂水1078

業種

左官工事業、タイル工事業

設立年

昭和54年(1979年)

資本金

500万円

代表者

木浦 弘二

従業員数

28名

先輩の声

  • 現在、先輩の声はありません。

募集職種について

  • 左官職人、タイル職人

    木浦工業所は昭和54年(1979年)の創業以来、岡山県内の左官・タイル工事を数多く担ってきました。私たちと一緒に、未来に繋がる仕事をしませんか?

    さらに詳しく見る
ページトップへ
ページトップへ