株式会社マルイ | いーなかえーるは、岡山県北・津山市周辺の求人情報をご紹介します

岡山県北部(けんほく)ではたらく。くらす。いーなかえーる

いーなかえーるとは?

岡山県北部でくらしているスタッフが、
津山市周辺の求人情報をご紹介!!
> > 詳しくはこちらから!!

株式会社マルイ 
企業情報

株式会社マルイについて

岡山県
津山市

2018年06月28日 更新

地域のライフラインとして、「あってよかった」お店作りを目指して

株式会社マルイ

Tweet about this on TwitterShare on Facebook16Share on Google+0

株式会社マルイよりご挨拶

地域の食材を食べ、地域の空気を吸って、地域を耕し、地域の歴史や文化を作る――。
私たちマルイは「地域のこれから」を作る企業です。
私たちが目指すのは「地域支持率No.1のスーパーマーケット」作りです。
豊かな地域、豊かな企業、豊かな社員作りをビジョンに、スペシャリティ(専門的)なお店、企業、地域作りを目指しています。
2018年3月には株式会社マムハートホールディングスを設立し、地域のライフラインとしての役割をさらに推し進めていきたいと考えています。そのためにも、経営基本方針「絆」を軸に、SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の達成に向けて、「食育推進」「人材育成」「地域貢献」「ワーク・ライフバランス」「環境」の5つの観点から地域にとってなくてはならない企業を目指していきます。
これからのマルイを、そしてこれからの地域を一緒に動かしていきませんか?

地域に価値を創出するマルイ

私たちマルイは、岡山・鳥取を拠点に「食」をキーワードにした様々な地域活性化を行ってきました。その活動は、次世代育成の支援、文化・スポーツ・芸術の振興、行政・教育機関・各種地域団体との協働など多岐にわたります。
そして2014年、それらの活動をさらに発展させるべく「NPO法人 マルイ・エンゲージメントキャピタル」を設立しました。地域とのつながりの中で、未来に続く新しい可能性を丁寧に掘り起こし、価値を創出していくために様々な取り組みを行っています。

価値の創出と共有「つやまフードバレー」。

津山フードバレーとは、空き家などを再生して「食」を中心とした情報発信と地域の価値共有を行うための拠点整備事業です。

 

地域コミュニティが育んできた豊かな地域資源や文化やライフスタイルを大切に、人や情報などの交流拠点となる「まちのシンボル」を整備し、多彩な世代が集う活気あるコミュニティづくりを行います。

「集う・つながる・つくりだす」 Ziba Platform(ジバ・プラットフォーム)

2017年3月、「食と暮らし」をテーマに、チャレンジしたい人の想いを形にしていく拠点「Ziba Platform」をオープンさせました。

コワーキングスペースやラボといった様々な顔を持つこのプラットフォームでは、様々なプロジェクトを通して新たな“つながり”が生まれ、新しい商品や企画、サービスの創出へとつながっています。

 

6次化商品の開発による地域活性化

マルイでは「安心・安全・美味しい」をコンセプトにした自社ブランド「Mam Heart」の開発を進めていて、特に6次化商品はこれからの地域活性化の大きな要素として力を注いでいます。例えば「干しえてかれい」や「豚みそ」は、どちらも独自ブランドとしてマルイが開発した商品で、生産者・加工者・マルイが一体となって6次化することで高い付加価値を付け、その価値を地域で循環する仕組みとなっています。

社会の一員として地域に貢献

「食」でつなぐ、まち・ひと・こころ

「食べること」は「生きること」。
「食」を考えることは、日々の暮らしと生き方を考えることにつながります。
2006年には食育推進室を発足させ、「食」を通して見えてくる課題や気付き可能性を、地域とともに形にしています。例えば、生産者と消費者をつなぐプログラムや、教育機関・行政などと連携した体験活動の実施など、地域の食卓豊かに 楽しくするための様々な取り組みを行っています。

 

環境保全への取り組み

マルイでは、二酸化炭素排出量の削減・食品廃棄物の抑制・省資源の推進・環境に配慮した商品開発・環境に配慮した店舗づくりなど、環境保全活動も積極的に取り組んでいます。
さらに2018年度には、地域電力の会社を立ち上げる計画があります。
太陽光発電によって作った電力をその地域に住む人が消費するという、まさに「環境保全」と「地域循環」を同時に実現する仕組みを作っていきます。

経営者より

1931年2月、津山市に「マルイ食料品店」として創業した弊社は、「うまいものなら何でもマルイ」という創業の精神を引き継ぎ、「地域支持率No.1店」を目指し、豊かな地域、豊かな企業、豊かな社員作りをビジョンに取り組んできました。
2016年からグループの中長期9カ年計画のテーマをChallenge for Change , Challenge for Hit , Challenge for Specialityとし、会社も人も変わっていくことへのチャレンジを推し進めています。
2018年3月には「株式会社マムハートホールディングス」を設立しました。グループの力を集結し、人と人、地域と企業が「絆」で結ばれる未来を創ることを目指しています。
この津山を拠点として、地域に活力を生み出していくために、ともにお仕事をすることができる方とお会いできることを楽しみにしています。

マルイで活躍する人々

マルイでは、専門知識を活かして新しい価値や仕組みをつくっていく人や「将来こんなことをしたい!」という野望に向けて励む人など多くの社員が活躍しています。

辻󠄀 路也(つじ みちや)
顧客管理室 室長 2016年中途入社
出身:岡山県津山市  前職:株式会社ディー・エヌ・エー
マルイにはほとんどいなかったシステムエンジニアとして中途入社。
その後、新たに立ち上げられた顧客管理室の室長として、顧客データを利用した新たな仕組みづくり(販売促進、業務効率化、新規事業など)に取り組む。

小田垣 多玲(おだがき たろう)
販売促進室 マネージャー 2013年入社
出身:岡山県津山市  出身校:愛媛大学
店舗で販売を経験した後、20代で本部・販売促進室のマネージャーを務める。
各部署や店舗と調整しながら、会社全体の売上を上げるべくチラシや企画づくりを行う。

峪田 朋美(さこだ ともみ)
営業本部 2018年入社
出身:岡山県真庭市  出身校:島根大学
新卒として入社、その後すぐに本部にて商品の仕入れを担当。
今後は取引先や店舗などを巻き込んだ新商品の開発を視野に入れ、業務に励む。

実績

2009年
農林水産省食育先進地モデル実証事業認定

2014年
NPO法人マルイ・エンゲージメントキャピタル設立

2015年
農林水産省第3回『食と農林漁業の食育優良活動表彰』企業部門消費・安全局長賞受賞

2016年
津山リノベ・ビジネスプランコンテスト最優秀賞受賞、
『つやまフードバレー』事業開始
寄附付き商品商品を活用した地域貢献事業開始

2017年
食を中心とした情報発信交流拠点『Ziba Platform』開業

会社概要

会社名

株式会社マルイ

本社所在地

708-8505 岡山県津山市二宮71 ウエストランド2F

URL

http://www.maruilife.co.jp

業種

小売業

設立年

昭和33年8月(創業 昭和6年2月)

資本金

3000万円

代表者

松田 欣也

従業員数

1400人

先輩の声

  • 現在、先輩の声はありません。

募集職種について

  • 特別枠採用(企画・業務推進)

    個々が高い専門性を持って新たな地域循環の仕組みを作っていく、そんなクリエイティブな事業展開を行うためにも、起業家精神をもったスペシャリティ(専門性)のある方々に集まっていただきたいです。

    さらに詳しく見る
ページトップへ
ページトップへ