吉田 照明 | いーなかえーるは、岡山県北・津山市周辺の求人情報をご紹介します

岡山県北部(けんほく)ではたらく。くらす。いーなかえーる

いーなかえーるとは?

岡山県北部でくらしているスタッフが、
津山市周辺の求人情報をご紹介!!
> > 詳しくはこちらから!!

先輩の声

岡山県

2015年12月28日 更新

レプタイル株式会社

直接経営者の方のお話が聞けるので、より尖った面白い提案ができる!

吉田 照明(よしだ てるあき)クリエイティブディレクター

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

現在のお仕事について

主に、ウェブサイトの制作を中心に、企業のプロモーションなどを担当させていただいています。ウェブサイトや、PRツールのデザイン制作、ディレクションを担当しています。ディレクターは、いわゆる現場監督なので、「作業進行が滞りなく最初の構想通りに進んでいるか?」というのを見ながら、良いものが納められるように、問題が起きないよう監督していく仕事です。津山市の移住・定住ポータルサイトの制作運営などもさせていただいているのと、企業様のリクルートサイトや、会社案内用のウェブサイト、パンフレットなど幅広くやらせていただいてます。

前職からレプタイルへ

以前の会社では、紙モノが中心だったのですが、それだけではなく、色々なこともやっていきたい思っていました。一般的にデザイン業界では、退社すると主にフリーランスになるという選択肢と、どこかに勤めるという選択肢があります。僕の場合は、フリーランスで仕事をするっていうのも楽しいかなと思ったのですが、お客様と会社同士のお付き合いで、“責任のあるところで”というか、できるだけ上流の部分で(お客さんに近いところで)仕事をしたいなと思いました。きっかけは、『いーなかえーる』を見て、レプタイルに問い合わせをしました。

仕事のやりがいなど

「どういうデザインにすればいいのか?」という、明確な仕様書があるわけではありません。何もないところから、お聞きした内容に対して、「どういったものを提案すれば、お客様が伝えたいことが、最大限伝わるのか?」を考えます。さらに制作期間、予算的なところも、ディレクションにおいて重要な問題になるので、「どう一番ベストなものを出していくか?」というのは、いつも悩みの種です。「楽しいな」と思えるのが、最初の提案の段階で、デザインを出した時に、お客様がどういう反応をして下さるか。最初に想像されたままのものを持っていくのではなくて、その一歩上のものを持って行けた時。第1段階で、「嬉しいな」というやりがいがあります。さらにそれから、制作が進んで、予定された工程通りに、最初の構想通りのものが出来上がって納品できれば、さらに嬉しいですし。その後、納品した後も、「それで、成果が上がった」という声を、お聞きできたりすると、3段階で嬉しいというそういう仕事になっていると思います。

レプタイルについて

他の会社に比べレプタイルの場合は、お客様とも接する機会も多いですし、直接経営者の方のお話が聞けたりするので、より尖った面白い提案ができる環境があると思います。

以前から、担当者の方とお話して、制作することはありましたが、そうなると、先方の担当者から、さらにその上の方、上の方という距離があって、社長段階まで行って、ひっくり返ることも、多々ありました。今は、直接、経営者の方とお話させていただくことも多いので、ひっくり返りようがないというか、そこでベストなものができれば、そのまま進行できるので、すごくスピード感もありますし、効果も上げやすい環境なのかなと思います。

そういう意味でもレプタイルは「決まりきったことではなく、自分でアイデアを練って、面白いものを作り たいという人」には、とても良い環境ではないかと思います。

 

募集職種について

  • Webデザイナー・ディレクター

    「面白い!」を考え、カタチにする。Webデザイナー・ディレクターを募集中!

    さらに詳しく見る

この会社の先輩の声一覧

  • 吉田 照明

    直接経営者の方のお話が聞けるので、より尖った面白い提案ができる!

    さらに詳しく見る
ページトップへ
ページトップへ